ストレスと勃起の関係

ストレス

気になるのがストレスと勃起の因果関係です。
私たちはストレスを感じると、さまざまな欲求が低下します。特に性欲とストレスは密接に影響を受けています。
もともと、30代を過ぎた頃から、それまでに比べると性欲そのものが無くなったり、勃起の状態がこれまでと違ったりするということはあるようですが、夫婦の関係が良好で酷いストレスにされされていないときは、性欲もそこそこありますし勃起も可能です。
しかし、30代を過ぎると、会社で重要な仕事を任されるということが多くなったりするプレッシャーや、子どもがいる場合は子どものことでの悩み、夫婦での悩みが重なることによって、どうしても性欲そのものが起きなくなったり、勃起しないために性行為ができないということもあるようです。
このようなことが数回繰り返されると、男性は性行為そのものを遠ざけることもあるようです。
性行為を遠ざけてしまうことによって、さらに性行為そのものが生活の中から消えてしまう・・・ということもあります。
夫婦が100あれば、100の形があるとは思いますが、やはり夫婦生活は大切だと考えるのが一般的。
セックスレスが離婚理由として認められることもあるくらいですから。
そして、旦那さまとのセックスレスで不倫に走る奥様も増加中です。
できれば、夫婦間でいつまでも男女でいられるために、性行為というものは必要ではないでしょうか。
うつを防ぎ、勃起を促すという意味でも、亜鉛のサプリメントは役に立ちます。